コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

安達二十三 あだち はたぞう

1件 の用語解説(安達二十三の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

安達二十三 あだち-はたぞう

1890-1947 昭和時代前期の軍人。
明治23年6月17日生まれ。昭和15年陸軍中将。第三十七師団長,北支方面軍参謀長を歴任後,17年東部ニューギニアの第十八軍司令官としてたたかい,おおくの死傷者をだす。敗戦後の22年ラバウルの戦犯裁判で無期禁固となり,同年9月10日自殺した。58歳。石川県出身。陸軍大学校卒。
【格言など】必ず之等若き将兵と運命を共にし,南海の土となるべく,縦令(たとい)凱陣(がいじん)の場合と雖(いえど)も渝(かわ)らじとのことに有之候(遺書)

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

安達二十三の関連キーワード石本寅三犬塚惟重宇野積蔵小畑英良杉山六蔵谷寿夫原田熊吉町田敬二森連吉田悳

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone