安達二十三(読み)あだち はたぞう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

安達二十三 あだち-はたぞう

1890-1947 昭和時代前期の軍人。
明治23年6月17日生まれ。昭和15年陸軍中将。第三十七師団長,北支方面軍参謀長を歴任後,17年東部ニューギニアの第十八軍司令官としてたたかい,おおくの死傷者をだす。敗戦後の22年ラバウルの戦犯裁判で無期禁固となり,同年9月10日自殺した。58歳。石川県出身。陸軍大学校卒。
【格言など】必ず之等若き将兵と運命を共にし,南海の土となるべく,縦令(たとい)凱陣(がいじん)の場合と雖(いえど)も渝(かわ)らじとのことに有之候(遺書)

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android