闘将(読み)とうしょう

精選版 日本国語大辞典「闘将」の解説

とう‐しょう ‥シャウ【闘将】

〘名〙
① 戦闘力や闘志のさかんな大将。転じて、そのようなスポーツの選手や主将
※招かれて見た中(1956)〈橘善守〉百年河清を待たず「国民党反共軍の闘将であり」
② 人の先頭に立って精力的に活動する者。有力な活動家。はたらきて。
※読書放浪(1933)〈内田魯庵〉銀座繁昌記「末広鉄腸はもと『』社の勇敢なる闘将であったが」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「闘将」の解説

とう‐しょう〔‐シヤウ〕【闘将】

戦闘力が強く、闘志の盛んな武将
闘志の盛んなスポーツ選手。
人々の先頭に立って精力的に活動する人物。「左派闘将

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

榷場

中国,宋代に北・西方の外民族との貿易を管理するため国境におかれた官庁。 榷務,榷署とも呼ばれる。太平興国2 (977) 年,契丹との交易のため設けられたのに始り,景徳4 (1007) 年西夏との間にお...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android