コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

安部井磐根 あべい いわね

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

安部井磐根 あべい-いわね

1832-1916 幕末-明治時代の武士,政治家。
天保(てんぽう)3年3月17日生まれ。陸奥(むつ)二本松藩(福島県)藩士戊辰(ぼしん)戦争で敗れた藩の旧領回復に奔走。のち若松県参事,福島県会議員,同議長をへて,明治23年衆議院議員(当選4回)。大成会などに属し,26年副議長となった。大正5年11月19日死去。85歳。名は良成

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

安部井磐根

没年:大正5.11.9(1916)
生年:天保3.3.17(1832.4.17)
明治期の政治家。父は二本松藩(福島県)勘定奉行安部井又之丞。父と共に江戸藩邸に移り奏者番を務める。そのころ,本居宣長の学問に傾倒した。戊辰戦争(1868~69)に際して帰順工作に努めたがならず,藩とともに新政府に抗し朝敵となった。維新後,藩の旧領回復に奔走し声望をあげる。若松県(福島県)監査,福島県会議長などを務めたが県令三島通庸を嫌忌し辞職した。第1回衆院議員選挙(1890)に当選し,吏党大成会の領袖となった。初期議会では神鞭知常らと大日本協会を組織し,現行条約励行論,内地非雑居論を主張,対外硬派の中心として政府を攻撃した。明治35(1902)年引退して二本松に帰る。<参考文献>佐倉孫三『安部井翁小伝』

(長井純市)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

安部井磐根の関連キーワード明治時代武士幕末

今日のキーワード

フィンテック

IT(情報技術)を駆使した金融サービスの創出のこと。「金融(Financial)」と「技術(Technology)」を組み合わせた米国発の造語で、2008年のリーマンショック以降発展したとされている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android