宋三彩(読み)そうさんさい(英語表記)Sòng sān cǎi

世界大百科事典 第2版の解説

そうさんさい【宋三彩 Sòng sān cǎi】

中国,宋時代の三彩陶。960年に建国した宋王朝は1126年(靖康1)に女真族の侵寇を受けて南渡すると,南北に南宋,金の両王朝が併存することとなった。宋三彩という場合,金三彩をも含めて称するのが常である。宋三彩は晩唐,五代の三彩の系譜をひき,はじめは華北磁州窯系ので焼造されており,河南省の登封窯,魯山窯,宝豊窯,河北省の磁州窯などで焼造された。しかし北宋時代の三彩は遺品が大変少ないのが奇妙である。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

大学入試センター試験

国立大学の共通第1次学力試験制度は、1979年度に導入された。入学試験を第1次と第2次とに分け、第1次試験は大学入試センターが共通学力試験を実施。第2次試験は各大学がきめ細かな入学者選抜を行うことを目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android