コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

宋三彩 そうさんさい Sòng sān cǎi

1件 の用語解説(宋三彩の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

そうさんさい【宋三彩 Sòng sān cǎi】

中国,宋時代の三彩陶。960年に建国した宋王朝は1126年(靖康1)に女真族の侵寇を受けて南渡すると,南北に南宋,金の両王朝が併存することとなった。宋三彩という場合,金三彩をも含めて称するのが常である。宋三彩は晩唐,五代の三彩の系譜をひき,はじめは華北の磁州窯系の窯で焼造されており,河南省の登封窯,魯山窯,宝豊窯,河北省の磁州窯などで焼造された。しかし北宋時代の三彩は遺品が大変少ないのが奇妙である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

宋三彩の関連キーワード高車交趾焼彩陶三彩東魏唐三彩奈良三彩西魏素三彩

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone