コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

宍戸璣 ししど たまき

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

宍戸璣 ししど-たまき

1829-1901 幕末-明治時代の武士,政治家。
文政12年3月15日生まれ。長門(ながと)(山口県)萩(はぎ)藩士。山県太華(やまがた-たいか)の養子となり,安積艮斎(あさか-ごんさい)にまなぶ。第2次幕長戦争では,宍戸備後助と名をかえ幕府の問罪使に応対。維新後,山口藩権大参事,司法大輔(たいふ),元老院議官などを歴任。貴族院議員子爵。明治34年10月1日死去。73歳。本姓は安田。名は敬宇。字(あざな)は世衡。通称はほかに辰之助,半蔵。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

宍戸璣の関連キーワード玉木文之進椙原治人楫取素彦山県半蔵明治時代

今日のキーワード

荒らげる

[動ガ下一][文]あらら・ぐ[ガ下二]声や態度などを荒くする。荒々しくする。「言葉を―・げる」[補説]文化庁が発表した平成22年度「国語に関する世論調査」では、本来の言い方とされる「声をあららげる」を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android