コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

宗伝(1) そうでん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

宗伝(1) そうでん

?-1618 朝鮮の陶工。
文禄(ぶんろく)の役後,肥前杵島郡(佐賀県)武雄(たけお)の城主後藤家信(いえのぶ)にともなわれて来日,内田皿山に開窯。故郷の名をとって深海(ふかうみ)を姓とした。宗伝死後,その妻は配下の陶工をひきいて有田に移住,百婆仙とよばれた。深海平左衛門(へいざえもん)らはその子孫。元和(げんな)4年10月29日死去。通称は新太郎。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

パルムドール

カンヌ国際映画祭で、最優秀作品に与えられる賞。[補説]多く「金のシュロ」と訳されるが、日本原産のシュロ(ワジュロ)ではなく、ヤシ科のナツメヤシがモチーフとなっている。ナツメヤシは、西洋では勝利・栄誉の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android