コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

宗伝(1) そうでん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

宗伝(1) そうでん

?-1618 朝鮮の陶工。
文禄(ぶんろく)の役後,肥前杵島郡(佐賀県)武雄(たけお)の城主後藤家信(いえのぶ)にともなわれて来日,内田皿山に開窯。故郷の名をとって深海(ふかうみ)を姓とした。宗伝死後,その妻は配下の陶工をひきいて有田に移住,百婆仙とよばれた。深海平左衛門(へいざえもん)らはその子孫。元和(げんな)4年10月29日死去。通称は新太郎。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

宗伝(1)の関連キーワードビーラー・ホラの戦クラッセクールプラハ窓外放出事件三十年戦争デカルトマウリッツ尼崎城アウラングゼーブ明石城

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android