コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シュウ

デジタル大辞泉の解説

しゅう【宗】

教説の中心となる根本的な趣旨。宗旨。
ある教義を奉じている信者の一団。宗門。宗派。
仏教の論理学である因明(いんみょう)で、命題。主張。

しゅう【宗】[漢字項目]

[音]シュウ(慣) ソウ(漢) [訓]むね たっとぶ
学習漢字]6年
〈シュウ〉一派をなす教義。また、それを奉ずる団体。「宗教宗派改宗邪宗禅宗他宗八宗
〈ソウ〉
祖先を祭る所。「宗廟(そうびょう)
同族の中心。本家。「宗家宗族皇宗祖宗
中心としてたっとぶ。たっとばれる人。「宗主宗匠詩宗・儒宗・大宗
[名のり]かず・たかし・とき・とし・のり・ひろ・もと

そう【宗】

根本とするもの。おおもと。
「好んで超邁(ちょうまい)を―として」〈漱石吾輩は猫である
祖先のうちで有徳の人。

そう【宗】[漢字項目]

しゅう

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

しゅう【宗】

〔「宗」は、先祖を祀った廟屋びようおくの意。祖廟そびようは一族団結の中心であることから、中心・根本として尊ぶ意〕
その宗教・宗派の中心・根本となる教え。宗旨。
教祖、またそれに準ずる人物の教説を中心とする信者の集団。宗派。宗門。
因明いんみようの術語で、論証すべき主張・命題のこと。 → 因明

そう【宗】

おおもと。
中心となるもの。尊ぶべきもの。 「介石疎逸曠淡こうたんなるを以て-となす/山中人饒舌」
祖先の中の有徳の人。

そう【宗】

姓氏の一。対馬国守護家。鎌倉期、対馬国衙こくがの在庁官人惟宗氏に出自。少弐氏被官として地頭代となり勢力を拡大。以後、対馬島主として朝鮮との交易を独占、江戸期は対馬藩主として朝鮮通信使の受け入れにあたる。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

宗の関連情報