コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

宗義成 そう よしなり

3件 の用語解説(宗義成の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

宗義成

対馬藩主。号宗見。初名貞光、称彦七・彦三。義智の男。対馬守。従四位下侍従。明暦2年(1656)歿、54才。

出典|(株)思文閣
美術人名辞典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

宗義成 そう-よしなり

1604-1657 江戸時代前期の大名。
慶長9年1月15日生まれ。宗義智(よしとし)の長男。慶長20年対馬(つしま)(長崎県)府中藩主宗家2代となる。治世中朝鮮通信使の来日は5回におよんだ。重臣柳川調興(しげおき)との対立のなかで国書の偽造,改作が発覚したが,将軍徳川家光の裁断により調興が流罪となり,ひきつづき朝鮮通交貿易にあたった。明暦3年10月26日死去。54歳。初名は貞光。通称は彦七。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

宗義成

没年:明暦3.10.26(1657.12.1)
生年:慶長9(1604)
江戸初期の対馬府中藩主。父は義智,母は阿比留氏。対馬府中の生まれ。初名貞光。従四位下,侍従,対馬守。元和1(1615)年襲封。寛永12(1635)年,国書改竄を巡る重臣柳川調興との争論(柳川一件)に勝利。近世日朝関係枠組みは義成の時代に整備されたといってよい。

(鶴田啓)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
朝日日本歴史人物事典について | 情報

世界大百科事典内の宗義成の言及

【柳川一件】より

…1631年(寛永8)対馬の大名宗義成(そうよしなり)と家老柳川調興(しげおき)の御家騒動から,日朝間の国書の偽作・改竄(かいざん)などの不正が露顕して,幕府外交上の大問題となった事件。柳川氏は調興の祖父調信の代に日朝関係の実務派として台頭,朝鮮と日本の中央政権の双方に独自の地位を築いていた。…

※「宗義成」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone