コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

宗道臣(初代) そう どうしん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

宗道臣(初代) そう-どうしん

1911-1980 昭和時代の武道家。
明治44年2月10日生まれ。昭和3年中国へわたり,河南省嵩山(すうざん)少林寺で義和門拳20代の文太宗(ぶん-たいそう)に師事,11年21代をつぐ。22年香川県多度津町に日本正統北流少林寺拳法会を創設し,普及につとめた。昭和55年5月12日死去。69歳。岡山県出身。著作に「秘伝少林寺拳法」など。
【格言など】人間の値打ちは失敗するかしないかでなく,失敗から起き上がれるかどうかによってきまる。……自分はだめな人間だと思いこんだとき,人間はほんとうにだめになるものである(「少林寺拳法入門」)

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

宗道臣(初代)の関連キーワード牧野省三黒人問題印僑醸造業朝鮮映画エクソンモービルRCA情報化社会平山郁夫桂太郎内閣

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone