コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

定林寺址 じょうりんじしChŏngnimsa‐ji

2件 の用語解説(定林寺址の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

じょうりんじし【定林寺址 Chŏngnimsa‐ji】

大韓民国,忠清南道扶余郡扶余邑東南里にある寺院址。1942‐43年と,79‐80年に大規模な発掘調査が行われた。主要伽藍は,日本で四天王寺式配置といわれるものに相当し,南北軸線上に,南から中門,塔,金堂,講堂の順序で一直線上に並び,周囲を回廊で囲む。現在,創建当初の石造五重塔と,講堂跡中央に高麗時代の丈六石仏が残る。寺跡からは,百済時代末期から,統一新羅時代を経て,高麗時代にいたる屋瓦が出土する。高麗時代の平瓦のなかに,太平8年(1028)と定林寺の銘が印されたものがあり,この寺は連続的に存続していたと考えられるところから,定林寺の寺名が百済時代までさかのぼることを思わせる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

定林寺址
じょうりんじし

奈良県高市(たかいち)郡明日香(あすか)村大字立部(たちべ)に存在する、法隆寺式伽藍(がらん)配置の飛鳥(あすか)時代の寺院址。1953年(昭和28)に塔址の発掘が行われ、心礎が地表下約2メートルよりみいだされた。金堂址は削平(さくへい)されて不明、講堂址は基壇の一部を残し、回廊址は塔の東および西回廊の一部が調査された。塔心礎上方から塑造(そぞう)菩薩(ぼさつ)像の頭・足部の残片、金銅環、鉄鋲(てつびょう)、土師器(はじき)、須恵器(すえき)の破片などが出土した。古瓦(こがわら)類は飛鳥時代より鎌倉時代のもので、ほかに(せんぶつ)残片などの出土が知られている。本寺は聖徳太子建立寺院の一として著名である。[坂詰秀一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone