コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

定着漁業 ていちゃくぎょぎょう sedentary fisheries

2件 の用語解説(定着漁業の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

定着漁業
ていちゃくぎょぎょう
sedentary fisheries

国連海洋法条約で,「採捕に適した成長段階において海底または地下に静止しているか絶えず接触してでなければ動けない生物」と定義している定着種族に属する生物資源を,採取する漁業をいう。大陸棚制度のもとで,沿岸国の主権的権利の対象となる天然資源として,大陸棚の海底・地下にある鉱物その他の非生物資源のみならず,定着種族に属する生物資源も含まれることになったが,その具体的な漁種の範囲については明らかではない。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

定着漁業
ていちゃくぎょぎょう
sedentary fisheries

定着漁業は、元来、公海の海底に付着するか公海の海床で生息する貝類、海綿、サンゴなどを採取する漁業を意味した。1958年の第一次海洋法会議で、大陸棚に関する条約の審議において、沿岸国の主権的権利の及ぶ大陸棚資源のなかに定着漁業資源を含める提案がなされ、この条約は、定着種族、すなわち「収獲期において海床の表面もしくは下部で静止しているかまたは海床もしくは地下に絶えず接触していなければ動くことができない生物」を大陸棚資源のなかに含めた。これによって、アメリカ、旧ソ連等は、タラバガニ等の甲殻類を大陸棚資源であると主張し、これを公海資源であると主張する日本と対立した。[水上千之]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

定着漁業の関連キーワード成長段階国連海洋法会議海洋法に関する国際連合条約国連海洋法海の憲法高度回遊性魚類資源海洋法条約日韓EEZ交渉排他的経済水域(EEZ)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone