コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

宛名印刷機 あてないんさつきaddressing machine

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

宛名印刷機
あてないんさつき
addressing machine

得意先,株主,会員などに反復して郵便物を送る場合,宛名を入れるのに使用される機械。宛名をあらかじめカードに記入し,これを機械にかけて印刷する。ステンシル式,液体謄写式,金属プレート式,光電管式と4種の方式がある。宛先の選別が可能で,事務の合理化を進めるうえで有用なので広く普及した。しかし,パソコンによる宛名印刷ソフトが発達してきたため,こちらのほうが広く用いられるようになった。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

宛名印刷機
あてないんさつき

特定多数の宛名を、葉書、封筒、帯封(おびふう)、荷札などに必要のつど繰り返し印刷することができる事務用印刷機。液体印刷の原理を用いたものや、謄写印刷の手法を用いたもの、またプレート印刷方式のものなどがある。宛名を刻字した原版にインキを含ませ、葉書や封筒に1枚ずつそれぞれ印刷する仕組みになっている。一般には手動式・電動式のものが多く使われている。普通の印刷は、同一のものを何枚も刷るので版は1回使用するだけだが、宛名印刷機は1版で1回当りの印刷枚数が1枚、逆に版は何十回、何百回と回を分けて印刷するところに基本的な違いがある。版は長期保存できるが、つねに印刷可能な状態で保管されなければならない。最近は、コンピュータに入力し、それらの情報を管理しながら宛名印刷などをハイスピードで作成したり、裁断、区分、封入、梱包(こんぽう)まで一貫して作業を行う大掛りなものもある。[野沢松男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

宛名印刷機の関連情報