宝山浮玉(読み)ほうざん ふぎょく

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

宝山浮玉 ほうざん-ふぎょく

1303-1383 鎌倉-南北朝時代の僧。
嘉元(かげん)元年生まれ。臨済(りんざい)宗。16歳で京都南禅寺の約翁徳倹(やくおう-とっけん)に入門,ついで夢窓疎石(むそう-そせき)にしたがい,嵩山居中(すうざん-こちゅう)の法をつぐ。丹後(京都府)の秋月寺(安国寺)の住持をつとめ,のち西林寺の開山(かいさん)となる。永徳3=弘和(こうわ)3年3月24日死去。81歳。越中(富山県)出身。俗姓は藤原。別号に几山。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

政党要件

公職選挙法などが規定する、政治団体が政党と認められるための条件。国会議員が5人以上所属するか、直近の総選挙、直近とその前の参院選挙のいずれかにおいて、全国で2パーセント以上の得票(選挙区か比例代表かい...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android