コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

宝鑑 ホウカン

デジタル大辞泉の解説

ほう‐かん【宝鑑】

宝物の鏡。尊い鏡。宝鏡。
模範。手本。また、手本となることを記載した実用的な書物。「家庭宝鑑

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ほうかん【宝鑑】

尊い鏡。宝物の鏡。
手本。また、それを書いた書物。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

宝鑑の関連キーワード俸・倣・包・呆・堡・報・奉・宝・寶・封・峰・崩・幇・庖・彷・抛・抱・捧・放・方・朋・法・泡・烹・烽・疱・砲・硼・縫・胞・芳・萌・蓬・蜂・袍・褒・襃・訪・豊・豐・逢・邦・鋒・飽・鳳・鵬家貧しくして孝子顕わる世祖[朝鮮王朝]トンイボガン朝鮮史料叢刊丸尾 彰三郎永山 時英来馬 琢道田山 方南池宮 喜輝藤懸 静也セルケイラ郷薬集成方狩野山雪丹羽正伯田山方南藤懸静也愚堂東寔国朝宝鑑日本遺産

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android