宝鑑(読み)ほうかん

精選版 日本国語大辞典「宝鑑」の解説

ほう‐かん【宝鑑】

〘名〙
① 宝物である鏡。貴い鏡。〔夢渓筆談‐異事〕
② 手本・模範。また、手本となることを記載した実用的な書物。
※西洋事情(1866‐70)〈福沢諭吉〉初「正刪を加へは更に一層の善美を尽して永世の宝鑑とするに足る可し」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「宝鑑」の解説

ほう‐かん【宝鑑】

宝物の鏡。尊い鏡。宝鏡
模範。手本。また、手本となることを記載した実用的な書物。「家庭宝鑑

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「宝鑑」の解説

【宝鑑】ほう(はう)かん

宝鏡。〔夢渓筆談、異事〕嘉中、伯兄(沈披)衞尉丞と爲る。、一寶鑑を持ち來りて云ふ、齋戒して之れを照らさば、當(まさ)に吉凶を見るべしと。

字通「宝」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報