実科高等女学校(読み)じっかこうとうじょがっこう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

実科高等女学校
じっかこうとうじょがっこう

旧制の高等女学校一種で,家事,裁縫など実用的教科目に重点をおいた女子の中等教育機関。 1910年に制度が定められ,翌 11年から設置された。 12歳以上で尋常小学校卒業程度以上の学力を有するものを入学させ,修業年限は4年。そのほか,高等小学校1,2学年修了程度を入学資格とするものも認め,その場合の修業をそれぞれ3年,2年と定めた。家族制度を基にした家政教育,婦徳養成を重視するもので高等女学校が大都市型であったのに比べ小都市,農村型の性格をそなえていた。 43年の中等学校令で廃止された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

じっか‐こうとうじょがっこう〔ジツクワカウトウヂヨガクカウ〕【実科高等女学校】

旧制の女子中等学校の一。家政に関する教科を主とした。明治43年(1910)に制度化され、昭和18年(1943)まで存続

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

じっか‐こうとうじょがっこう ジックヮカウトウヂョガクカウ【実科高等女学校】

〘名〙 明治四三年(一九一〇)に制度化された旧制の女子中等学校の一種。家政に関する教科、特に裁縫科に重きをおいた高等女学校。尋常小学校卒業後、四年で修了。高等小学校からも連続し、高等小学校卒業者は二年で修了するものとした。昭和一八年(一九四三)まで存続。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内の実科高等女学校の言及

【高等女学校】より

…制度上の位置が明確となったのは,91年の中学校令改正により,高等女学校は尋常中学校の程度の〈女子ニ須要ナル高等普通教育〉を授けるところと定められたことによる。95年高等女学校規程,99年高等女学校令の制定により制度的に整備され,良妻賢母主義に基づいて,家事,裁縫,芸事を中心とした女子教育を行う中等教育機関として確立(修業年限4年で1年の伸縮,後に延長のみ認める),1910年には家政に重点をおく実科高等女学校をも設置した。20年の高等女学校令改正により〈婦徳ノ涵養〉を目標に家庭婦人の育成を行う教育機関として整備され,高等科,専攻科を置いて,さらに程度の高い教育を行うこととした。…

※「実科高等女学校」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

実科高等女学校の関連情報