実践倫理宏正会(読み)じっせんりんりこうせいかい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

実践倫理宏正会
じっせんりんりこうせいかい

上廣哲彦 (1906~72) が 1946年から郷里の広島や北陸で行なっていた生活倫理実践会に始る社団法人。 53年現名称に変更された。現在,本部は東京都千代田区にあり,会員は公称 350万人。会の目的は,生活の改善,文化の発展のために,家庭の尊重,親・祖先への敬意,日本固有の伝統の重視など,宗教以前の基本的な倫理の実践を広めることにおかれている。朝の5~6時に開かれる朝起会を中心とし,そこで基本信条の唱和や会長の著作の「倫読」などが行われる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

刑事免責

刑事訴訟において,自己が刑事訴追を受けるおそれがあるとして証人が証言を拒否した場合に,証言義務を負わせることと引換えにその罪についての訴追の免除の特権 (免責特権) を裁判所が与えること。アメリカ合衆...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android