客をする(読み)キャクヲスル

  • きゃく
  • を する
  • 客(きゃく)を◦する

精選版 日本国語大辞典の解説

① 遊女が客をとる。
※歌舞伎・男伊達初買曾我(1753)三「わが様に客をせぬと、河岸(かし)へおろして百蔵(びゃくざう)にする」
② 客を招いて、もてなす。
※こゝろ(1914)〈夏目漱石〉三「私のために赤い飯を炊いて客をするという相談が」
③ 客になる。
※今年竹(1919‐27)〈里見弴〉夏霜枯「春代には、殆ど毎晩のやうに、喜久川で客をしながら逢ってゐた」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

客をするの関連情報