客気(読み)カクキ

精選版 日本国語大辞典の解説

かっ‐き カク‥【客気】

〘名〙 (「かく」は「客」の漢音)
① その歳の運を動かす、外部からくる運気。きゃっき。⇔主気
※玉葉‐文治五年(1189)三月一七日「異気なれは妖気とも客気ともこそ奏すれ」 〔夢渓筆談‐象数・一〕
② 血気さかんでものにはやりやすいこと。また、うわべだけのから元気。血気。きゃっき。
※授業編(1783)五「近時の学者は客気(カクキ)に乗じて人の余勇(よいう)を買(かひ)」 〔春秋左伝‐定公八年〕
③ 移り気であること。浮気っぽいこと。きゃっき。
※新撰字解(1872)〈中村守男〉「客気 カクキ ウハキ」

きゃっ‐き キャク‥【客気】

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android