コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

客者評判記 かくしゃひょうばんき

世界大百科事典 第2版の解説

かくしゃひょうばんき【客者評判記】

滑稽本。式亭三馬作,歌川国貞画。1811年(文化8)正月刊。再板本に文政6年(1823)板と明治板がある。3巻3冊。角書は,〈花江戸三芝居〉。内容は,当時の芝居通である三馬が,八文字屋の役者評判記の体裁・構成にならって,劇場の観客の評判を記したもの。烏亭焉馬の《客者評判記》(1780刊)が遊里の客の評判であったものを芝居の客に移して趣向としたもので,評判記同様,横本仕立てで,巻頭にはわざわざ八文字屋自笑(4世)の序を置く。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

デジタル大辞泉の解説

きゃくしゃひょうばんき〔キヤクシヤヒヤウバンキ〕【客者評判記】

洒落本烏亭焉馬(うていえんば)作。安永9年(1780)刊。遊郭に来る客の生態を描く。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

客者評判記の関連キーワード玉・珠・球・弾・弾丸・璧烏亭焉馬(1世)矢大臣・矢大神ばりつく横外っ方天井抜け杉立ち歪める横外方滑稽本昼時分てんと喜助とど粋方八分贅六

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android