コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

客者評判記 かくしゃひょうばんき

2件 の用語解説(客者評判記の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

かくしゃひょうばんき【客者評判記】

滑稽本。式亭三馬作,歌川国貞画。1811年(文化8)正月刊。再板本に文政6年(1823)板と明治板がある。3巻3冊。角書は,〈花江戸三芝居〉。内容は,当時の芝居通である三馬が,八文字屋役者評判記の体裁・構成にならって,劇場の観客の評判を記したもの。烏亭焉馬の《客者評判記》(1780刊)が遊里の客の評判であったものを芝居の客に移して趣向としたもので,評判記同様,横本仕立てで,巻頭にはわざわざ八文字屋自笑(4世)の序を置く。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

デジタル大辞泉の解説

きゃくしゃひょうばんき〔キヤクシヤヒヤウバンキ〕【客者評判記】

洒落本烏亭焉馬(うていえんば)作。安永9年(1780)刊。遊郭に来る客の生態を描く。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

客者評判記の関連キーワード浮世床浮世風呂滑稽本歌川派国貞古今百馬鹿『浮世風呂』歌川国貞(2代)歌川国政(4代)益亭三友

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone