コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

宣瑜 せんゆ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

宣瑜 せんゆ

1240-1325 鎌倉時代の僧。
仁治(にんじ)元年生まれ。真言律宗。大和(奈良県)西大寺叡尊(えいそん)について出家し,戒律や顕密二教をまなぶ。正和(しょうわ)5年信空の跡をついで西大寺3代長老となり,律宗の普及にあたった。花園天皇にしばしばまねかれている。正中(しょうちゅう)2年2月29日死去。86歳。字(あざな)は浄覚

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

宣瑜

没年:正中2.2.29(1325.4.12)
生年:仁治1(1240)
鎌倉後期の西大寺流の律宗の僧。第3代西大寺長老。字は浄覚。叡尊について顕密,戒律などを修めた。弘安3(1280)年に伊勢神宮の内宮に叡尊が建立したと伝える弘正寺に住し,瑜伽(修行による精神統一)などを修めた。正和5(1316)年,第2代長老信空のあとを受け第3代長老となり,没するまで10年間勤めた。花園天皇にしばしば授戒したことや後醍醐天皇から田畠領有の綸旨を得ていることなどにより,律僧としての宣瑜の評価が当時高かったことが知られる。<参考文献>卍元師蛮選『本朝高僧伝

(追塩千尋)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

宣瑜の関連キーワード鎌倉時代

今日のキーワード

書類送検

警察から検察官に対して事件を送致する場合 (送検) ,捜査に当たり逮捕した被疑者の身柄を引き続き拘束しておく必要があるときは書類,証拠物とともに身柄を送致するが,もともと逮捕しなかったり,一度逮捕した...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android