宥印(読み)ゆういん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

宥印 ゆういん

?-1591 織豊時代の僧。
天正(てんしょう)15年九州攻めの際,豊臣秀吉本陣をはった薩摩(さつま)(鹿児島県)川内(せんだい)の真言宗泰平寺の住持島津義久の降伏後,和睦(わぼく)の周旋をする。その功に秀吉が田禄をあたえようとしたが,辞退したという。天正19年2月死去。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android