コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

宥印 ゆういん

1件 の用語解説(宥印の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

宥印 ゆういん

?-1591 織豊時代の僧。
天正(てんしょう)15年九州攻めの際,豊臣秀吉が本陣をはった薩摩(さつま)(鹿児島県)川内(せんだい)の真言宗泰平寺の住持。島津義久の降伏後,和睦(わぼく)の周旋をする。その功に秀吉が田禄をあたえようとしたが,辞退したという。天正19年2月死去。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

宥印の関連キーワード日本のおもな城九戸政実太閤検地本願寺身分統制令九戸城昭和南海地震の被害長崎の活版印刷昭和南海地震居合

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone