宮原検校(読み)みやはらけんぎょう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

宮原検校 みやはらけんぎょう

1807?-1864 江戸時代後期の地歌・箏曲(そうきょく)家。
文化4年?生まれ。筑後(ちくご)(福岡県)久留米の人。京都にでて修業,弘化(こうか)4年検校となる。郷里で活躍し,三味線の改良もおこなった。九州系地歌・箏曲の祖といわれる。八重崎検校石川勾当の「八重衣」の箏の手付けをさせたという。元治(げんじ)元年2月22日死去。58歳?名は孝(高)道一。作品に「水の玉」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

特定非常災害

著しく異常かつ激甚な非常災害。死者・行方不明者・負傷者・避難者などの罹災者(りさいしゃ)および住宅の倒壊などの被害が多数発生し、交通やライフラインが広範囲にわたって途絶し、これによって地域全体の日常生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android