コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

宮地水渓 みやじ すいけい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

宮地水渓 みやじ-すいけい

1768-1841 江戸時代後期の儒者,国学者。
明和5年生まれ。宮地静軒の孫。土佐高知藩士。谷真潮(ましお)にまなび,博識を称された。江戸で塙保己一(はなわ-ほきいち)にもまなぶ。山奉行をつとめたが,文政のころに罪をえて一時禄(ろく)をうしなった。藩政史「御当家年表」の著がある。天保(てんぽう)12年3月13日死去。74歳。名は仲枝(なかえ)。通称は荘蔵。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

宮地水渓の関連キーワード宮地仲枝鹿持雅澄国学者儒者

今日のキーワード

熱にうなされる(間違いやすいことば)

○熱に浮かされる 高熱でうわ言をいう意味の表現は、「熱に浮かされる」が正しい。また、物事の判断がつかなくなるほど熱中することも意味する。音が似ていることから混用され、「浮かされる」が「うなされる」に入...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android