宮坂宥勝(読み)みやさか ゆうしょう

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

宮坂宥勝 みやさか-ゆうしょう

1921-2011 昭和後期-平成時代の仏教学者。
大正10年5月20日生まれ。昭和40年高野山大教授,52年名大教授。のち成田山勧学院教授。空海密教のほか原始仏教,インド哲学を研究。42年から平成7年まで長野県の真言宗智山派照光寺住職。平成11年真言宗智山派管長・総本山智積院化主。平成23年1月11日死去。89歳。長野県出身。東北大卒。著作に「密教世界の構造」「仏教の起源」「空海密教の宇宙」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

宮坂宥勝【みやさかゆうしょう】

仏教学者。長野県岡谷市に生まれる。智山専門学校卒業後,東北大学印度哲学科に学び,48年卒業。54年,高野山大助教授,65年,教授,77年,名古屋大学教授。真言密教とインド哲学に優れた研究を残し,空海研究の第一人者。1999年より2007年まで,真言宗智山派官長・総本山智積院化主を務めた。主な著作に《空海 生涯思想》(84年,筑摩書房)。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

カジノ解禁

石原慎太郎・東京都知事が1999年に臨海副都心のお台場への誘致を表明して以来、解禁論が何度も浮上してきた。カジノは刑法で禁止されているが、地方自治体には観光活性化や地域振興のために認めるべきだとの声が...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android