コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

宮坂栄一 みやさか えいいち

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

宮坂栄一 みやさか-えいいち

1902-1986 大正-昭和時代の編集者。
明治35年3月25日生まれ。生地の長野県稲荷山町(更埴(こうしょく)市)の小学校で,白樺派の笠井三郎にまなび,その影響をうける。上京し仏蘭西(フランス)書院の運営に参加,大正12年「白樺」の編集発行をひきつぐ。のち小学校代用教員などをつとめ,昭和45年「信州白樺」を発刊した。昭和61年1月12日死去。83歳。長野師範(現信州大)中退。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

宮坂栄一の関連キーワード笠井 三郎昭和時代

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android