コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

更埴 こうしょく

3件 の用語解説(更埴の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

更埴
こうしょく

長野県北部,長野盆地南西部にある地域。旧市名。 1959年屋代町,埴生町,稲荷山町,八幡村が合併して市制。 2003年戸倉町,上山田町と合併し千曲市となった。中心市街地千曲川左岸の稲荷山地区と右岸の屋代・埴生地区に分散している。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

こうしょく〔カウシヨク〕【更埴】

長野県北部にあった市。昭和34年(1959)市制施行前の更級(さらしな)・埴科(はにしな)両郡の名から1字とり市名とした。平成15年(2003)戸倉(とぐら)町、上山田町と合併して千曲(ちくま)市となる。→千曲

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

更埴
こうしょく

長野県北部、長野市の南西にあった旧市名(更埴市)。現在の千曲(ちくま)市の北部一帯の地区。1959年(昭和34)埴科(はにしな)郡の屋代(やしろ)、埴生(はにゅう)の2町と、更級(さらしな)郡の稲荷山(いなりやま)町、八幡(やわた)村が合併して市制施行。更級・埴科両郡にわたったところから「更埴」の名がつけられた。2003年(平成15)更級郡上山田(かみやまだ)町、埴科郡戸倉(とぐら)町と合併し、千曲市となる。旧更埴市地区は、千曲川の両岸にまたがる。集落はすべて千曲川の沖積地にあり、西方は聖(ひじり)高原で知られる聖山、東方も山地で、長野盆地南西端の狭隘(きょうあい)な場所で、長野・上田両盆地を結ぶ交通上重要な位置にある。国道18号(北国(ほっこく)街道)、403号、JR篠ノ井(しののい)線、しなの鉄道が通じる。また長野自動車道の更埴インターチェンジがあり、上信越自動車道と接続する更埴ジャンクションもある。中心集落は屋代で、近世北国街道の宿駅として形成され、これを中心に国道18号沿いに発展した。もう一つの中心地である稲荷山は、近世長野市と並ぶ一大商業地であった。松本方面から長野へ入る街道の入口にあたり、各種商店が軒を並べ、いまも店構えに当時の名残(なごり)があるが、商況は衰退した。農村部は水稲、リンゴ、チューリップなどの栽培が盛んである。森地区のアンズ、姥捨山(うばすてやま)伝説と田毎(たごと)の月で有名な長楽寺、大頭(だいとう)祭で名高い武水別(たけみずわけ)神社、川中島合戦の戦跡の一つ雨宮渡(あめのみやのわたし)など名所も多い。4月上・中旬の森地区のアンズの花祭りは多くの観光客を集める。また、同地区には森将軍塚古墳が復原されており、長野県立歴史館とともに周辺一体は科野(しなの)の里歴史公園として整備されている。[小林寛義]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

更埴の関連キーワード長野[市]長野県長野市上ケ屋長野県北安曇郡池田町長野県北安曇郡小谷村更埴〈市〉長野県須坂市戸倉〈町〉長野県中野市長野県北安曇郡松川村皆神山

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

更埴の関連情報