宮島細工(読み)ミヤジマザイク

大辞林 第三版の解説

みやじまざいく【宮島細工】

厳島いつくしまで作られる木工芸品。肥松こえまつの盆・杓子など。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

事典 日本の地域ブランド・名産品の解説

宮島細工[木工]
みやじまざいく

中国地方、広島県の地域ブランド。
廿日市市で製作されている。鎌倉時代初期、鎌倉地方や京都地方から大工や指物師が招かれ、神社や寺院を建てた。その技術の流れをくむものが現在の宮島細工である。廿日市が木材集散地であったことから発展を遂げた。木目をいかした自然な風合が特徴。宮島細工のなかで人気が高いのは、杓子。1982(昭和57)年11月、通商産業大臣(現・経済産業大臣)によって国の伝統的工芸品に指定。

出典 日外アソシエーツ「事典 日本の地域ブランド・名産品」事典 日本の地域ブランド・名産品について 情報

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android