コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

宮本竹逕 みやもと

美術人名辞典の解説

宮本竹逕

書家。広島県生。桑田笹舟に師事。日展参与、日本仮名書道顧問。芸術院賞、文部大臣賞受賞。歌会始召人をつとめる。平成14年(2002)歿、91才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

宮本竹逕 みやもと-ちくけい

1912-2002 昭和-平成時代の書家。
大正元年9月25日生まれ。漢字を炭山南木に,仮名を桑田笹舟(ささふね)にまなぶ。昭和21年日本書芸院設立に参加。日展で25年特選,42年文部大臣賞。48年「万葉歌」で芸術院賞。51年日本かな書道会を設立。関西仮名書道界の発展につくした。寒玉書道会会長。平成14年10月7日死去。90歳。広島県出身。広島師範卒。旧姓は倉田。本名は顕一。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

宮本竹逕の関連キーワードふくやま書道美術館宮本 竹逕黒野清宇

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android