コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

桑田笹舟 くわた ささふね

2件 の用語解説(桑田笹舟の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

桑田笹舟

書家。広島県生。名は明。安東聖空に師事する。門下からも多くの逸材を輩出して関西かな書道界の大きな存在となる。芸術院賞受賞。日展理事・毎日書道展審査会員・日本書芸院顧問・一楽書芸院会頭。『和漢書道史』『かなのすがた』等の著がある。平成元年(1989)歿、89才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

桑田笹舟 くわた-ささふね

1900-1989 昭和時代の書家。
明治33年6月24日生まれ。安東聖空(あんどう-せいくう)に師事。昭和29年日展特選,31年日展審査員。45年芸術院賞。仮名(かな)をもって知られ,古筆の復元と料紙の制作にも力をつくした。平成元年7月31日死去。89歳。広島県出身。神戸教員養成所卒。本名は明。著作に「和漢書道史」「仮名宝典」など。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

桑田笹舟の関連キーワード西川寧赤羽雲庭浅見喜舟飯田百川大沢史峰香川春蘭木村知石高頤斎佐竹古関広津雲仙

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

桑田笹舟の関連情報