コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

宮本茶村 みやもと ちゃそん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

宮本茶村 みやもと-ちゃそん

1793-1862 江戸時代後期の儒者。
寛政5年5月15日生まれ。常陸(ひたち)(茨城県)潮来(いたこ)村の名主。水戸藩郷士。山本北山儒学をまなぶ。藩主徳川斉昭(なりあき)にくだされた幕府の処分に反対し,3年間投獄された。のち子弟の教育と「常陸誌料」などの著述に専念した。文久2年6月25日死去。70歳。名は元球。字(あざな)は仲笏。通称は尚一郎。別号水雲

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

宮本茶村の関連キーワード宮本尚一郎宮本水雲熱田玄庵吉川天浦儒者

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android