宮武器川(読み)みやたけ きせん

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

宮武器川 みやたけ-きせん

1743-1810 江戸時代中期-後期の医師。
寛保(かんぽう)3年生まれ。讃岐(さぬき)高松藩医。医学を香川南洋,儒学伊藤蘭嵎(らんぐう)にまなぶ。酒をのんではねむり,さめると前からの話のつづきをしたので酔眠翁とよばれた。「脚気臆説(かっけおくせつ)」の草稿を完成するよう子に遺言し,文化7年死去。68歳。本姓は今井。名は唯善。字(あざな)は子徳。通称は良順

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android