コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

香川南洋 かがわ なんよう

2件 の用語解説(香川南洋の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

香川南洋

江戸中期の儒者。古義学派。姫路生。名は景与、字を主善、別号に紙荘主人。香川修庵伊藤東涯に学ぶ。修庵の養子となる。安永6年(1777)歿、64才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

香川南洋 かがわ-なんよう

1714-1777 江戸時代中期の医師。
正徳(しょうとく)4年9月20日生まれ。香川修庵にそだてられ,伊藤東涯らに儒学と医学をまなぶ。のち修庵の養子となり,京都で家業をついだ。安永6年8月16日死去。64歳。播磨(はりま)(兵庫県)出身。名は景与。字(あざな)は主善。別号に紙荘主人。著作に「傷寒論反正序」。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

香川南洋の関連キーワード文京明石宗伯今村一鴎小原西酉小林粛翁清水敬長北幸三谷蘆水室田坤山渡辺昌倫

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone