コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

香川南洋 かがわ なんよう

美術人名辞典の解説

香川南洋

江戸中期の儒者古義学派。姫路生。名は景与、字を主善、別号に紙荘主人。香川修庵・伊藤東涯に学ぶ。修庵の養子となる。安永6年(1777)歿、64才。

出典 (株)思文閣美術人名辞典について 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

香川南洋 かがわ-なんよう

1714-1777 江戸時代中期の医師。
正徳(しょうとく)4年9月20日生まれ。香川修庵にそだてられ,伊藤東涯らに儒学と医学をまなぶ。のち修庵の養子となり,京都で家業をついだ。安永6年8月16日死去。64歳。播磨(はりま)(兵庫県)出身。名は景与。字(あざな)は主善。別号に紙荘主人。著作に「傷寒論反正序」。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

香川南洋の関連キーワード座光寺南屏宮武器川広瀬周平正徳