安藤信成(読み)あんどう のぶなり

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

安藤信成 あんどう-のぶなり

1743-1810 江戸時代中期-後期の大名。
寛保(かんぽう)3年2月23日生まれ。安藤信尹(のぶただ)の長男。宝暦5年父の不行跡により,美濃(みの)(岐阜県)加納藩主安藤家3代となるが,翌年転封,陸奥(むつ)平藩(福島県)藩主安藤家初代となる。5万石。藩校施政堂を創設。奏者番,寺社奉行,若年寄をつとめ,寛政5年老中。文化7年2月14日死去。68歳。通称は勝蔵。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

適応障害

心理社会的なストレスがはっきりと認められ、情緒面や行動面に問題が生じるもの。職場の人間関係、夫婦間の葛藤を始め、親の離婚、子供の自立、失恋、身体疾患など、一過性のものから持続的なものまで、ストレス因子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android