コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

家原氏主 いえはらの うじぬし

1件 の用語解説(家原氏主の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

家原氏主 いえはらの-うじぬし

801-874 平安時代前期の官吏。
延暦(えんりゃく)20年生まれ。大学寮の算博士。斉衡(さいこう)2年姓(かばね)が連(むらじ)から宿禰(すくね)に,さらに貞観(じょうがん)14年一族とともに朝臣(あそん)となる。斉衡3年以降安房(あわ),伯耆(ほうき),但馬(たじま)の国守を歴任した。貞観16年7月30日死去。74歳。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

家原氏主の関連キーワード滋岳川人真雅醍醐寺醍醐寺黄巣の乱醍醐寺平惟範平貞文道昌梨田昌孝

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone