コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

家地 イエジ

大辞林 第三版の解説

いえじ【家地】

甲冑かつちゆうや小具足で、小札こざねや鉄板・鎖などをとじつけるための下地の布や革。いえ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の家地の言及

【屋敷】より

…家の建っている敷地。
[中世]
 古くは家地,屋地(やち)ともいわれた。屋敷の語は平安後期から史料上にあらわれ,延久3年(1071)6月25日付播磨国大掾秦為辰解(げ)案に,〈件の畠,先祖相伝の領地屋敷たるなり〉とあるのが文書史料上の初見。…

※「家地」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

家地の関連キーワード額田寺伽藍幷条里図籠手・小手・篭手鎖籠手・鎖篭手籠手袋・篭手袋国家地方警察風よ水よ人よいちき串木野安家地大根江戸町奉行自治体警察藤原南夫人伊古田純道立券荘号立続ける味の箱舟武政軌範百々登勢越中具足加賀鳶永福寺

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

家地の関連情報