コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

赤堀茶臼山古墳 あかぼりちゃうすやまこふん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

赤堀茶臼山古墳
あかぼりちゃうすやまこふん

群馬県伊勢崎市北部にある前方後円墳。前方部が小さく,いわゆる帆立貝式に属する。家形埴輪が多く出土したことで有名。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

赤堀茶臼山古墳【あかぼりちゃうすやまこふん】

群馬県佐波郡赤堀町(現・伊勢崎市)にある5世紀中〜後半の帆立貝形古墳。全長45m。墳頂部からは家形埴輪(はにわ)や形象埴輪が出土。2基の木炭槨からは,石製模造品鉄鏃,鏡などが出土した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典内の赤堀茶臼山古墳の言及

【茶臼山古墳】より

…段築にした円丘の形を茶臼に見たてた命名であろうが,円墳にかぎらず,前方後円墳にも多くの例を見る。赤堀茶臼山古墳(群馬県),池田茶臼山古墳(大阪府),桜井茶臼山古墳(奈良県),柳井(やない)茶臼山古墳(山口県)は特に有名である。
【赤堀茶臼山古墳】
 群馬県佐波郡赤堀村今井にある5世紀前葉の前方後円墳。…

※「赤堀茶臼山古墳」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

赤堀茶臼山古墳の関連キーワード群馬県伊勢崎市赤堀今井町茶臼山古墳

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android