佐味田宝塚古墳(読み)さみたたからづかこふん

国指定史跡ガイド「佐味田宝塚古墳」の解説

さみたたからづかこふん【佐味田宝塚古墳】


奈良県北葛城(きたかつらぎ)郡河合町佐味田にある古墳で、別称、黄金塚、黄金山。奈良盆地の西部、馬見丘陵の中央部からやや離れたところに所在。1881年(明治14)に地元の人たちが開墾を名目に発掘し、数多くの副葬品が出土したことからその名が知られていた。1985年(昭和60)に史跡指定を申請するための範囲調査が行われた結果、この古墳は馬見地域で最初に築造された前方後円墳で、出土した遺物などから古墳時代前期の様子を知るうえで不可欠とされ、1987年(昭和62)に国の史跡に指定された。墳丘の規模は全長111.5m、後円部径60m、前方部幅45mで、出土した遺物は36面にもおよぶ鏡、玉類、石釧(いしくしろ)、鍬形石(くわがたいし)、石製合子(ごうす)、滑石製模造品、剣、など総数140点にものぼり、これらは東京国立博物館と宮内庁書陵部に保管されている。近畿日本鉄道大阪線大和高田駅から奈良交通バス「竹取公園東」下車、徒歩約15分。

出典 講談社国指定史跡ガイドについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)「佐味田宝塚古墳」の解説

佐味田宝塚古墳
さみだたからづかこふん

奈良県北葛城(きたかつらぎ)郡河合(かわい)町佐味田字貝吹にある前期古墳。地元では「黄金山(こがねやま)」ともよんでいるが、黄金山古墳を南側の円墳にあてる説もある。墳丘は、北東から延びる尾根の先端部を利用した南向きの前方後円墳で、全長103メートル、後円部52メートル、前方部幅41メートル。1881年(明治14)に後円部が発掘され、多数の遺物が出土した。埋葬施設は木棺粘土で保護したもので、周囲に(れき)を巡らした排水施設が存在した。副葬品には鏡30面以上、勾玉(まがたま)、管玉(くだたま)、形石(くわがたいし)、石釧(いしくしろ)、石製合子(ごうす)、滑石(かっせき)製模造品、巴形(ともえがた)銅器、銅鏃(どうぞく)、鉄刀などがある。銅鏡は三角縁神獣鏡、流雲文四神鏡、尚方作(しょうほうさく)画像鏡、家屋文鏡などが含まれる(宮内庁に保管)。4世紀末葉の築造と考えられる。

[泉森 

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「佐味田宝塚古墳」の解説

佐味田宝塚古墳
さみだたからづかこふん

奈良県北葛城郡河合町佐味田貝吹にある古墳。全長約 100mの前方後円墳で,後円部の径は約 50m,前方部の幅は約 40m。自然の丘陵を利用して造られている。 1881年に掘出された。内部主体は木棺のまわりを粘土で固め,そのまわりに礫を埋めるものであったらしい。副葬品は三十数面に及ぶ鏡のほか,鍬形石,石釧,石製合子,銅鏃,巴形銅器その他があり,いわゆる前期古墳 (4世紀末頃) の代表的なものとされている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディア「佐味田宝塚古墳」の解説

佐味田宝塚古墳【さみだたからづかこふん】

奈良県北葛城郡河合町佐味田にある4世紀の前方後円墳。全長111m。自然の丘陵を利用して分布する,馬見(うまみ)古墳群の一つ。主体部は木棺を粘土と小石でつつんだものらしく,副葬品に三角縁神獣鏡家屋文鏡など30面以上の鏡や玉類,鍬(くわ)形石,石釧(くしろ),巴(ともえ)形銅器などがある。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

精選版 日本国語大辞典「佐味田宝塚古墳」の解説

さみだたからづか‐こふん【佐味田宝塚古墳】

奈良県北葛城郡河合町佐味田所在の前方後円墳。全長一〇三メートル。丘陵上に自然地形を利用して造られ、内部主体は木棺を粘土でおおった粘土槨。三角縁神獣鏡、家屋文鏡など鏡三六面、その他巴形銅器、鍬形石器などの宝器的な副葬品が出土した。四世紀後半のものと推定される。黄金山。黄金塚。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典 第2版「佐味田宝塚古墳」の解説

さみだたからづかこふん【佐味田宝塚古墳】

奈良県北葛城郡河合町佐味田に所在する前方後円墳。大和盆地西部にあって南北にのびる低い馬見(うまみ)丘陵のうえに,北東面して築かれる。全長111m,後円部径60m,前方部幅50m。墳丘には埴輪があるという。1881年に地元の人の手で後円部が掘られ,そのおり多数の副葬品がとりだされた。埋葬施設は,現在の知見によれば粘土槨であると思われる。副葬品として鏡,玉類,碧玉製腕飾類,碧玉製合子,滑石製模造品,銅鏃,巴形銅器が現存する。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ケッペンの気候区分

ケッペンが1918年に考案した世界の気候区分法。植物分布に注目し、熱帯気候(符合A)・乾燥気候(B)・温帯気候(C)・冷帯気候(D)・寒帯気候(E)に区分した。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android