家正則(読み)いえ まさのり

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

家正則 いえ-まさのり

1949- 昭和後期-平成時代の天文学者。
昭和24年8月13日生まれ。昭和61年東大東京天文台助教授,平成4年国立天文台の教授。同天文台の光学赤外線天文学観測システム研究系主幹などをへて,24年国立天文台・超大型望遠鏡(TMT)推進室長。すばる望遠鏡を駆使し,独自に開発した特殊フィルターを用いて原始銀河を探索,水素原子が発するライマンα輝線の赤方偏移を測定して128億~129億年前の銀河を次々と発見した。その間,平成20年仁科記念賞,22年文部科学大臣表彰。23年東レ科学技術賞などを受賞。25年「初期宇宙の研究」で学士院賞。北海道出身。東大卒。著作に「銀河が語る宇宙の進化」「すばる望遠鏡」など。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

iDeCo

個人型確定拠出年金と呼ばれる任意の私的年金制度のひとつ。加入者が毎月決まった金額を積み立てて、金融機関が用意する定期預金・保険・投資信託といった金融商品から運用方法を選び、60歳以降に年金または一時金...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android