コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

家正則 いえ まさのり

1件 の用語解説(家正則の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

家正則 いえ-まさのり

1949- 昭和後期-平成時代の天文学者。
昭和24年8月13日生まれ。昭和61年東大東京天文台助教授,平成4年国立天文台の教授。同天文台の光学赤外線天文学観測システム研究系主幹などをへて,24年国立天文台・超大型望遠鏡(TMT)推進室長。すばる望遠鏡を駆使し,独自に開発した特殊フィルターを用いて原始銀河を探索,水素原子が発するライマンα輝線の赤方偏移を測定して128億~129億年前の銀河を次々と発見した。その間,平成20年仁科記念賞,22年文部科学大臣表彰。23年東レ科学技術賞などを受賞。25年「初期宇宙の研究」で学士院賞北海道出身。東大卒。著作に「銀河が語る宇宙の進化」「すばる望遠鏡」など。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

家正則の関連キーワードイタリア映画日中関係文化勲章吉田茂内閣早稲田文学国際赤十字IRC映倫イェンゼン沖電気工業[株]

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

家正則の関連情報