家礼・家来・家頼(読み)けらい

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 (「け」「らい」はそれぞれ「家」「礼」の呉音)
[一] (家礼) 親や家の長上、主人などを敬い礼をつくすこと。転じて、他人に礼を表すること。
※源氏(1001‐14頃)藤裏葉「文籍(ぶんせき)にも家礼といふことあるべくや」
[二]
① 朝廷の公事(くじ)、故事などを習うために、摂政家などに出入りする者。
※愚管抄(1220)四「内大臣いげ家礼の人おほくありけるをも」
※太平記(14C後)四〇「公家家礼(ケライ)の人々には、為秀・行忠・実綱卿・為邦朝臣なんど庭土に下りて礼あり」
② 封建制度下の武士社会で、主君につかえること、また、その者。家臣。
※吾妻鏡‐治承四年(1180)一〇月一九日「於源氏人々者、家礼猶可怖畏、矧亦如留下国事、頗似仕家人
③ 江戸時代、庄屋、地主の従者、小作人、家抱(けほう)、また商家での雇人などの称。
※勧農固本録(1725)上「一 家抱、分附(ふんつけ)百姓と云は、親之代、高或四五拾石目有之を、子孫或は家来に分け譲り」
④ (転じて、一般に) 服従する者。従者。手下。
※ヰタ・セクスアリス(1909)〈森鴎外〉「其家にお兄いさんといふのがゐて、余程お人好と見えて、お麗さんに家来のやうに使はれてゐる」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android