コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヰタセクスアリス イタセクスアリス

3件 の用語解説(ヰタセクスアリスの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

イタ‐セクスアリス【ヰタ・セクスアリス】

森鴎外の小説。明治42年(1909)発表。幼年期から青年期に至る性欲を自叙形式で描く。発禁となった。
[補説]題名はラテン語vita sexualisで、性生活の意。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ヰタ・セクスアリス【イタセクスアリス】

森鴎外の小説。題はラテン語で性的生活の意。1909年《スバル》に発表したが発売禁止になった。作者自身の経験によって造形されているとみられる哲学者金井湛の6歳からの性生活を記録したもの。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヰタ・セクスアリス
いたせくすありす

森鴎外(おうがい)の短編小説。1909年(明治42)7月号の『スバル』に発表。題名は、ラテン語で「性生活」を意味し、主人公金井湛(しずか)の、幼時から25歳の結婚時に至るまでの性欲史をつづったもの。性欲中心の自然主義文学に刺激された鴎外が、自分の性生活史を材料とした自伝的作品で、自然主義とは違った、いかにも医学者らしい、フィジカルな、突き放した性の叙述に特色がある。情緒的な自然主義に突きつけた知的作品であるが、この作品を掲載した雑誌は発売禁止となり、陸軍省医務局長森鴎外は、陸軍次官から譴責(けんせき)処分を受けた。[磯貝英夫]
『『ヰタ・セクスアリス』(角川文庫・新潮文庫)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ヰタセクスアリスの関連キーワードギリシア俗ラテン語フロラ外的生活雅号森鴎外・森鷗外羅甸フルオライトお玉森志げ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ヰタセクスアリスの関連情報