ヰタセクスアリス(読み)イタセクスアリス

百科事典マイペディアの解説

ヰタ・セクスアリス【イタセクスアリス】

森鴎外の小説。題はラテン語で性的生活の意。1909年《スバル》に発表したが発売禁止になった。作者自身の経験によって造形されているとみられる哲学者金井湛の6歳からの性生活を記録したもの。本能重視の自然主義文学を批判する立場で書かれている。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヰタ・セクスアリス
いたせくすありす

森鴎外(おうがい)の短編小説。1909年(明治42)7月号の『スバル』に発表。題名は、ラテン語で「性生活」を意味し、主人公金井湛(しずか)の、幼時から25歳の結婚時に至るまでの性欲史をつづったもの。性欲中心の自然主義文学に刺激された鴎外が、自分の性生活史を材料とした自伝的作品で、自然主義とは違った、いかにも医学者らしい、フィジカルな、突き放した性の叙述に特色がある。情緒的な自然主義に突きつけた知的作品であるが、この作品を掲載した雑誌は発売禁止となり、陸軍省医務局長森鴎外は、陸軍次官から譴責(けんせき)処分を受けた。[磯貝英夫]
『『ヰタ・セクスアリス』(角川文庫・新潮文庫)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

閻魔詣で

陰暦1月16日(初閻魔)と7月16日(大斎日)に閻魔堂に参詣(さんけい)すること。この日は地獄の釜(かま)のふたが開き、罪人が責め苦を免れると伝えられる。閻魔参り。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ヰタセクスアリスの関連情報