宿直奏し(読み)トノイモウシ

デジタル大辞泉の解説

とのい‐もうし〔とのゐまうし〕【宿奏し】

宮中で宿直の官人が定刻に声をあげてその氏名を名のること。また、その声。→名対面
「名対面(なだいめん)は過ぎぬらむ、滝口の―今こそと」〈・夕顔〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

とのいもうし【宿直奏し】

宮中に宿直する者が、夜警をして、毎夜一定の時刻に、滝口の陣の所で姓名を奏上したこと。 「右近のつかさの-の声聞ゆるは/源氏 桐壺」 → 名対面なだいめん

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

スロースリップ

地球の表面を構成するプレートの境界面において、プレートがゆっくりと滑って移動する現象。この移動が一気に起きるとプレート境界地震になる。プレートどうしが強く固着した、アスペリティーと呼ばれる領域以外で生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android