コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

寂意 じゃくい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

寂意 じゃくい

?-? 鎌倉-南北朝時代の連歌師。
建武の新政で雑訴決断所寄人(よりゅうど),室町幕府引付衆,奉行人をつとめる。救済(ぐさい)の門人。「菟玖波(つくば)集」に25句がのっている。文和(ぶんな)元=正平(しょうへい)7年(1352)までは生存。俗姓門真。通称は左衛門入道。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

寂意の関連キーワード南北朝時代詫磨頼秀連歌師建武

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android