寂意(読み)じゃくい

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

寂意 じゃくい

?-? 鎌倉-南北朝時代の連歌師。
建武の新政で雑訴決断所寄人(よりゅうど),室町幕府引付衆,奉行人をつとめる。救済(ぐさい)の門人。「菟玖波(つくば)集」に25句がのっている。文和(ぶんな)元=正平(しょうへい)7年(1352)までは生存。俗姓門真。通称は左衛門入道。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

エクストリーム出社

「エクストリーム出社」とは、早朝から観光、海水浴、登山などの遊びやレジャーを楽しんだ後、定刻までに出社する新しい通勤スタイルのことです。日本エクストリーム出社協会では、これを“エクストリーム(「過激な...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android