コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

富くじ(籤) とみくじ

1件 の用語解説(富くじ(籤)の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

富くじ(籤)【とみくじ】

江戸時代に行われたくじ。催主が数千〜数万の富札を発行し,抽選日に富札と同数の木札を箱に入れ,目隠しして錐(きり)で突いて当選を決める。最後のを〈突き留め〉といって賞金は最高。
→関連項目くじ(籤)宝くじ(籤)谷中

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

富くじ(籤)の関連キーワード養鶏現責め角髱催主上覧相撲白紙手形籠脱け巨艦店紅炎三田尻大開作

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone