富くじ(籤)(読み)とみくじ

百科事典マイペディアの解説

富くじ(籤)【とみくじ】

江戸時代に行われたくじ。催主が数千〜数万の富札を発行し,抽選日に富札と同数の木札を箱に入れ,目隠しして錐(きり)で突いて当選を決める。最後のを〈突き留め〉といって賞金は最高。元来,寺社の修理資金調達の手段として幕府が許可したもので,1730年京都仁和寺の富興行が最初。最盛期には江戸に20〜30ヵ所あったという。目黒不動,湯島天神,谷中天王寺(感応寺)を〈江戸の三富〉という。天保改革により1842年に禁止された。
→関連項目くじ(籤)宝くじ(籤)谷中

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

テレワーク・デイズ

働き方改革の一環として、自宅や出先の事務スペースで勤務する「テレワーク」の一斉実施を政府が推奨する運動。2020年に東京オリンピックの開会式が予定される7月24日を「テレワーク・デイ」と位置づけて参加...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android