コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

富士名義綱 ふじな よしつな

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

富士名義綱 ふじな-よしつな

?-? 鎌倉-南北朝時代の武士。
塩冶(えんや)(佐々木)氏の一族元徳4=元弘(げんこう)2年(1332)隠岐(おき)に流された後醍醐(ごだいご)天皇を警固。天皇に隠岐脱出をすすめ,一族に結束をよびかけた。天皇が伯耆(ほうき)(鳥取県)船上(せんじょう)山にうつると,塩冶高貞とともに天皇の軍にくわわった。通称は三郎。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

富士名義綱

生年:生没年不詳
鎌倉時代後期の武士。佐々木一門で出雲国(島根県)意宇郡富士名の出身とされる。『太平記』によれば,正慶2/元弘3(1333)年閏2月隠岐で拘禁中の後醍醐天皇に脱出を勧め,さらに同族の塩冶(佐々木)高貞に援助を打診し,同天皇が伯耆(鳥取県)へ移ると,高貞と共にそのもとに参じたという。

(森茂暁)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

富士名義綱の関連キーワード南北朝時代

今日のキーワード

間が持てない

1 時間をもてあましてどうしたらよいかわからない。「待ち時間が長すぎて―◦ない」2 途切れがちの会話などを、うまくつなぐことができない。「無口な相手で―◦ない」[補説]文化庁が発表した平成22年度「国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android