コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

富士山頂レーダ ふじさんちょうレーダ

1件 の用語解説(富士山頂レーダの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

富士山頂レーダ
ふじさんちょうレーダ

気象庁富士山山頂に建設,1965年3月10日から運用を始め 1999年まで使用した気象レーダ。観測範囲は半径 800kmにわたり,観測スケッチは東京の気象庁を経て,映像電送装置によって地方気象台へも送られた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

富士山頂レーダの関連キーワードアニオン電着塗装石山雄大スズキフロンテ800W3火星探査機新宿(区)スペイン映画密貿易ラジオ放送アイソン彗星

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone