富山売薬商人(読み)とやまばいやくしょうにん

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

富山売薬商人
とやまばいやくしょうにん

江戸時代,諸国を回った富山藩の薬行商人。古代から越中国の産薬は知られていたが,2代藩主前田正甫の頃から有名となり全国的に広まった。売薬の原料は領内産の草根などで,一部は大坂から仕入れ,家内手工業として生産された。行商の方法はいわゆる配置売薬で,得意先に一定量の薬を預けておき,次の行商の際,消費された薬の代金を回収した。売薬商人は文久年間 (1861~64) には 2200人に上り,年間の売上高は 200万両にも達したといわれる。彼らは 21組の仲間組を結成し全国の行商圏も決められていた。富山藩はこれら行商人に統制と保護を加えた。明治にいたり株式会社組織となり,昭和まで続いたが,次第に衰微している。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

二重価格表示

小売業者が商品の実売価格とともに、市価、メーカーの希望小売価格、自店の旧価格など2つの価格を表示して実売価格の値引幅を強調し、買い手の購買意欲を刺激しようとするもの。実際の市価やメーカーの希望小売価格...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

富山売薬商人の関連情報