コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

富山妙子 とみやま たえこ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

富山妙子 とみやま-たえこ

1921- 昭和-平成時代の洋画家。
大正10年11月6日生まれ。昭和26年筑豊の鉱山労働者をテーマにえがきはじめ,三井三池争議や韓国の政治犯釈放運動にかかわる作品を制作。60年中村正義賞。政治に抑圧される民衆や婦人解放問題をシュールな手法でえがいた。兵庫県出身。女子美術専門学校(現女子美大)中退共著に「深夜―金芝河・富山妙子詩画集」など。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

富山妙子の関連キーワード高良留美子

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android