富田三保之介(読み)とみた みほのすけ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

富田三保之介 とみた-みほのすけ

1838-1865 幕末の武士。
天保(てんぽう)9年生まれ。常陸(ひたち)水戸藩士。側用人(そばようにん),若年寄,書院番頭となる。天狗(てんぐ)党の乱の際,松平頼徳(よりのり)にしたがい,那珂湊(なかみなと)で水戸藩兵,幕府軍とたたかう。降伏して古河藩にあずけられ,元治(げんじ)2年4月5日切腹した。28歳。名は知定。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

スロースリップ

地球の表面を構成するプレートの境界面において、プレートがゆっくりと滑って移動する現象。この移動が一気に起きるとプレート境界地震になる。プレートどうしが強く固着した、アスペリティーと呼ばれる領域以外で生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android