コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

古河藩 こがはん

5件 の用語解説(古河藩の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

古河藩
こがはん

江戸時代,下総国葛飾郡 (茨城県) を領有した藩。奥州街道の重要地点にあったため藩主は譜代大名がほとんどである。小笠原氏の3万石に始り,松平 (戸田) 氏2万石,小笠原氏2万石,奥平氏 11万石,永井氏7万 2000石,土井氏 16万石,堀田氏9万石,松平 (藤井) 氏9万石,松平 (大河内) 氏7万石,本多氏5万石,松平 (松井) 氏5万 8000石,土井氏7万石と十余度の領主の交代をみている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

古河藩【こがはん】

下総(しもうさ)国古河に藩庁をおいた譜代(ふだい)藩。江戸と日光の中継地として重視され,幕政の要職者が入封。藩主は小笠原氏・松平(戸田)氏・小笠原氏・奥平氏・永井氏・土井氏・堀田氏・松平(藤井)氏・松平(大河内)氏・本多氏・松平(松井)氏と変遷,1762年からは土井氏(再封)が在封。
→関連項目土井利勝常陸国

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

藩名・旧国名がわかる事典の解説

こがはん【古河藩】

江戸時代下総(しもうさ)葛飾(かつしか)郡古河(現、茨城県古河市)に藩庁をおいた譜代(ふだい)藩。藩校は盈科堂(えいかどう)。1590年(天正(てんしょう)18)の徳川家康(とくがわいえやす)関東入国の際、小笠原秀政(ひでまさ)に3万石で立藩させた。以後、江戸日光の中継地の一つとして重視され、幕政の要職を占めた譜代が頻繁に入れ替わった。松平(戸田)康長(やすなが)(2万石)、小笠原信之(のぶゆき)・政信(まさのぶ)(2万石)、奥平忠昌(おくだいらただまさ)(11万石)、永井直勝(なおかつ)(7万2000石)・尚政(なおまさ)(8万9000石)、土井利勝(としかつ)(16万石)・利益(とします)(7万石)、堀田正俊(まさとし)(9万石→13万石)・正仲(まさなか)(10万石)、松平(藤井)信之(のぶゆき)(9万石)・忠之(ただゆき)(8万石)、松平(大河内)信輝(のぶてる)・信祝(のぶとき)(7万石)、本多忠良(ただよし)・忠敞(ただひさ)(5万石)、松平(松井)康福(やすよし)(5万石)と交代、1762年(宝暦(ほうれき)12)に土井利里(としさと)が7万石で入って以後は、明治維新まで土井氏7代が続いた。1871年(明治4)の廃藩置県で古河県となり、その後、印旛(いんば)県を経て73年千葉県に編入されたが、75年茨城県に編入された。

出典|講談社
(C)Kodansha 2011.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

こがはん【古河藩】

下総国古河(茨城県)を居城とする譜代大名封地。1590年(天正18)徳川家康関東入国の際,小笠原秀政(3万石)をここに封じたのに始まり,1602年(慶長7)松平(戸田)康永2万石,12年小笠原信之・政信2万石,19年(元和5)奥平忠昌11万石,22年永井直勝・尚政7万2000石→8万9000石,33年(寛永10)土井利勝→利益(5代)16万石→7万石,81年(天和1)堀田正俊・正仲9万石→13万石→10万石,85年(貞享2)松平(藤井)信之・忠之9万石→8万石,94年(元禄7)松平(大河内)信輝・信祝(のぶとき)7万石,1712年(正徳2)本多忠良・忠敞(ただひさ)5万石,59年(宝暦9)松平(松井)康福(やすよし)5万石と続き,62年土井利里が7万石で移封して来て以後7代で(1822年から8万石),1871年(明治4)の廃藩置県に至る。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

古河藩
こがはん

下総(しもうさ)国古河(茨城県古河市)周辺を領有した藩。譜代(ふだい)。1590年(天正18)江戸城に入った徳川家康は、小笠原秀政(おがさわらひでまさ)に3万石を宛行(あてが)い古河城を与えた。これが古河藩の成立である。その後、松平(戸田)康長(やすなが)(2万石)、小笠原信之(のぶゆき)・政信(まさのぶ)(2万石)、奥平忠昌(おくだいらただまさ)(11万石)、永井直勝(なおかつ)(7万2000石)・尚政(なおまさ)(8万9100石余)と交代したが、1633年(寛永10)には老職土井利勝(としかつ)が16万石余で封ぜられ、歴代の大名のなかで最大の藩領を占めた。利勝の子利隆(としたか)は相続に際し13万5000石を領し、その子利重(とししげ)は10万石を相続したので、本家の領有高は次々と減少したが、この間4人の分知大名を創出した。利重の跡は弟利久(としひさ)が継いだが、1675年(延宝3)に10歳で死亡し嗣子(しし)なく、家は断絶した。しかし、祖父利勝の勤功によって、利隆の子で分知の利益(とします)が名跡を継ぐことを認められ7万石を相続した。利益は1681年(天和1)志摩(しま)(三重県)鳥羽(とば)に転封となり、老中堀田正俊(まさとし)が上野(こうずけ)(群馬県)安中(あんなか)より9万石で入り、翌年に4万石を加増され13万石を領有した。正俊の子正仲(まさなか)は10万石を相続したが、まもなく出羽山形に転じた。続いて松平(藤井)信之(のぶゆき)(9万石)・忠之(ただゆき)(8万石、狂気し断絶)、松平(長沢、大河内)信輝(のぶてる)・信祝(のぶとき)(7万石)、本多忠良(ただよし)・忠敞(ただひさ)(5万石)、松平(松井)康福(やすよし)(5万石余)と交代し、1762年(宝暦12)にふたたび土井利勝の子孫利里(としさと)が7万石で入部した。利里は唐津(からつ)時代の藩校盈科(えいか)堂を古河に移した。1822年(文政5)には老中利厚(としあつ)が1万石を加えられ、以後変化なく廃藩に至った。利厚の子利位(としつら)(老中)は家老鷹見泉石(たかみせんせき)とともに学者として知られる。71年(明治4)廃藩、古河県、印旛(いんば)県、千葉県を経て茨城県に編入。[大谷貞夫]
『『古河市史資料 近世編(藩政)・(町方地方)』(1979、83・古河市)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の古河藩の言及

【土井利位】より

…江戸後期の下総古河(こが)藩主。三河刈谷藩主土井氏から養子として入り,就封後,幕府の要職である寺社奉行,大坂城代,所司代を歴任し,1838年(天保9)老中に就任。…

※「古河藩」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

古河藩の関連キーワード下総葛西葛飾葛飾北秀葛飾北周葛飾北明葛飾北目葛飾雷周高葛坡土方雄重

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

古河藩の関連情報