コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

富田泰州 とみた やすくに

2件 の用語解説(富田泰州の意味・用語解説を検索)

美術人名辞典の解説

富田泰州

歌人・彦根藩士。通称甚右衛門・右衛門、号は千秋館。近江彦根生、京都住。村田泰足香川景樹門人。天保4年京都に出て、蛸薬師富小路東に歌道の私塾を開く。天文学にも精通した。著書に『星土計』がある。天保11年(1840)歿、49才。

出典|(株)思文閣
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

富田泰州 とみた-やすくに

1792-1840 江戸時代後期の歌人。
寛政4年生まれ。近江(おうみ)(滋賀県)彦根藩士。藩校稽古館教授の村田泰足(やすたり),ついで京都の香川景樹(かげき)にまなぶ。天保(てんぽう)3年藩を辞し,翌年京都に歌道の私塾をひらいた。天文学にも通じた。天保11年4月25日死去。49歳。通称は甚右衛門,右衛門。別号に千秋館。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

富田泰州の関連キーワード島重老香川景嗣賀田秀蔭可亭加藤広正千家尊朝薗田悠機子高橋正翁野中儀蜂屋光世

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone